(2021.1.17開催)【まちのキャリアラボ】オンライン開催/コロナ禍での働き方を探る

  • ★湘南ワンハンドレッドプロジェクト(神奈川県「かながわボランタリー活動推進基金21」協働事業)まちのキャリアラボ&横浜市立大学吉永ゼミ生の共同企画

新型コロナウイルスにより「新しい生活様式」を心がけながら、経済活動を進めています。しかしコロナショックと言われる今、多くの企業が経営難に陥り、就職活動も厳しくなると予想されています。この厳しい経済状況で、どうすれば自分のやりたい仕事に就けたり、仕事の業績を上げたりすることができるのでしょうか?コロナ禍でも生き抜いていくためには、自分に合った新しい働き方や暮らし方を探していく必要があります。

今回のまちのキャリアラボイベントでは、コロナ禍でも大活躍している社会人に学生が直接インタビュー!皆さんとコミュニケーションを取りながら、これからどう就職活動・働き方を変えていけばいいかを考えていきます。

今回インタビューする社会人は3名です。

  1. 伊勢丹からいくつか会社を挟んで、コロナ禍で転職に成功した社員
  2. アート思考セミナーで700人待ち、逗子アートフェスティバルのプロデューサー
  3. 先生×社会活動を行っている東京在住ハイブリッドティーチャー

また、イベントを主催するのは社会人と学生合わせて4名です。
社会人:山添夏奈、稲葉大二郎
学生:牟田祐香、浅見絵玲菜(横浜市立大学)

【こんな方はぜひご参加ください!】

  • 就職活動を始めるにあたって、コロナ禍の実際の仕事への影響を知りたい大学生
  • 就職活動を始めるにあたって、将来のキャリアビジョンを考えたい大学生
  • 多様な大人の仕事観や人生観を聞いてみたい学生
  • コロナ禍で働き方をどう変えていくべきか考えたい社会人
  • まちのキャリアラボに興味がある方

日時:1/17(日) 10:00~12:00
場所:オンライン会議Zoom
(URLは前日、および開始15分前にお知らせいたします。)
参加費:参加費:一般 1,000円 学生 無料

≪申込み方法≫

 

≪タイムライン≫
10:00~10:10 イベント説明
10:10~10:20 自己紹介
10:20~11:35 学生×社会人インタビュー
11:35~11:50 ワークの感想
11:50~12:00 クロージング